ホーム商品一覧カードタイマー > 開発者の想い
カードタイマー(SCT-600シリーズ、LD-60WD)…テレビや冷蔵庫、電話、洗濯機といった家電製品の利用に応じ、プリペイドカードから課金する装置です。現金を扱わないスマートで安心できる生活と、衛生的な空間を過ごせます。
カードタイマー商品紹介 カードタイマー課金システム活用例 カードタイマー導入事例集 カードタイマーQ&A

カードタイマー開発者の想い

カードタイマー開発担当 中井 健博
患者様と運営社様に対する想いを込めたカードタイマー

 テレビカードタイマーと聞いてすぐにピンと来る方はあまりいらっしゃらないかと思いますが、簡単に説明しますと、主に病院へ入院されている患者様がテレビを見る際に、テレビカード(プリペイドカード)を差し込んでテレビを見られるようにする課金装置です。通常、わが社で開発したカードタイマーは、テレビと接続された状態でロケーション会社様を通じ、日本全国の様々な病院へ設置された後、入院されている患者様にお使い頂くことになります。

 私の業務はテレビカードタイマーの開発ですが、主にケースなどの機構(ハード)に関わる部分を設計しています。テレビカードタイマーの中には専用のリモコン(ワイヤード(有線))が付いたモデルもありますが、最近では耳元で音声を聞いたりできる地上デジタル放送に対応したリモコンの開発を担当させていただきました。そのリモコンは、私自身はもちろん当社にとりましても初めて開発した商品でありますが、患者様やロケーション会社様の使い勝手を考慮した企画・形状のデザインから、それを実際の形にしていく設計・製造そして販売までのすべてを自社で行いました。ほとんどゼロからのスタートでしたので、我々開発者だけでなくデザイナー、回路・ソフト開発者から、資材・製造・品質保証担当者、営業担当者が全体を通じて今までに味わったことのない苦労と経験をしました。そういう意味でも、今回のリモコンは当社の想いが詰まった商品です。

 今後も三和ニューテックのテレビカードタイマーとリモコンが病院の病室という環境に違和感なく溶け込み、利用して頂く患者様の入院生活はもちろん、病院の運営やロケーション会社様の事業運営をお助けすることで社会へ貢献できるよう努力していきます。