ホーム > ロコモシンドローム測定機器
歩くだけでわかっちゃう。歩行状態からロコモまでらくらく計測
説明

 私たちが毎日あたり前に行う『歩く』という動作から、通常の歩行状態を測定した結果をもとに、ロコモ点数を推定し、ロコモ度を判定評価することで、対象者への自覚を促し歩行機能低下の改善を意識するツールとして役立てられます。

 

スペース歩行測定装置について



計測風景1

●特徴
1.体に何もつけずに3m歩くだけで「歩行状態」と「ロコモ点数」が測定できます。
  また、ロコモ点数に対してのロコモ度判定と歩行測定の評価が行えます。
2.運用方法に合わせた3つの測定モードから選択し、簡単操作で測定できます。(音声案内機能付き)
3.運搬の際は収納状態にすることでコンパクトに持ち運び易くなります。

  主な測定内容


LOCOMO主な測定内容

  運用のポイント


LOCOMO運用のポイント

コンパクトに収納できるので、車での持ち運びに便利です。

 

スペース測定結果について

 



歩行計測装置では、「歩行状態の測定結果」の歩幅、歩行速度、ひざ関節角度の結果とロコモ度を表示します。
また、測定者の性別、年代、身長の標準の参考値を表示し、測定結果と参考値を比較判定した結果のコメントを表示します。
最後に「ロコモ点数」の判定結果に対しては、身体状況や生活状況などのコメントが表示されます。
これらの測定結果は、すべてレシートに印字されます。


レシートイメージ

結果イメージ
 

スペースロコモ度の結果について


ロコモ度の判定基準の説明

  ●ロコモ点数(推定値)とロコモ25アンケートとの相関性


ロコモ点数(推定値)とロコモ25アンケートとの相関性

本商品の資料請求や商品のご質問などは、
「お問い合わせ」から本文へご用件を記載の上
お気軽にご連絡ください。

お問合せ